子育てパパちゃんは子育てママちゃんに勝てるのか

前回の記事↓における育児休暇を取得した理由のうち、
1つについて少し書いていこうと思います.

入社5年目の会社員が育児休暇を取得して思った5つのこと
育児休暇に関する記事を展開するためにブログを始めたので、 まず今回は取得した背景などを書いていこうと思います. 私が新卒で入社した会社では当時まだ 正式に 育児休暇を取得した人がいませんでした. (*いわくつきで取得し...

 

子供はとってもかわいいです.
なのでできれば自分にも懐いてほしいと思ってしまいます.
私はそうでした.

子供が気持ちを言葉で表現できるようになったときに、
「パパきらい!」
なんて言われた日は落ち込んで仕方がないことでしょう.
(パパは好きじゃなーい!なんてのを、
実は言われてしまっていますが…)

そんなことにならないためには、
子供との時間をたくさん作っておけばいいのでは?と考えました.

そのための1つの手段とて育休を取得しています.

ではまず、実際に取得した我が家の現状はどうでしょうか?

残念ながら、現在2歳の我が子は絶賛ママ大好き期です…
しかしパパがいや!という訳ではありません.
正しいことは本人にしかわからないのですが、
我々両親が想像するところでは、

わたし(ぼく)のママなんだからねー!
独り占めしちゃうよー!
パパうらやましいでしょー!

って感じだと考えています.

ためにパパをちらちら見ながら自慢気にママと仲良くしてきます.
少し残念ですがそれもまたかわいいです.

また、パパと2人のときはとっても甘えて仲良く過ごすことができています.

このようになったのも子供と関わる時間が多かったからかなとは思っています.

ただし、これが全ての家族に当てはまるわけではないですし、因果関係も実際はよくわかりません.

育児休暇を取得したいんだけどどうしようか、
育児休暇とはどんな感じなのか、など
考え、迷い、悩んでるパパに対する、
1つの参考になればいいなと思います.

これはブログを始めたひとつのきっかけでもあるので、
この信念を持ってこれからも展開できていけたらなと思いました.

-the end-

コメント

タイトルとURLをコピーしました